MiraError(ミラエラ)

【株式会社Argon 門脇 幸平】業界唯一の「美容業界特化型求人支援サービス」を武器に急拡大。

2024/05/16

Profile

門脇 幸平

株式会社Argon 代表取締役

高校生までスポーツに打ち込み、愛媛大学に進学。在学中はNPOの就職支援団体の支部長を努めるなどHR領域に興味を持ち、活動する。その後、IT企業や人材コンサルタント企業での勤務を経て、株式会社マネーフォワードに転職。営業として活躍するとともに、営業組織の強化に尽力する。

今回は副業から始まり、株式会社Argonを立ち上げた代表の門脇さんに、逆境経験ゼロという低リスクで起業した手法や、現在手がけているビジネスなどを伺いました。

強みを活かして、リスクを極力抑えたスタートアップ。

──独立に至るまでの道のりや、逆境経験ゼロで起業できた理由などを教えてください。

新卒で就職し、転職を経て起業したのですが会社員時代は「明日、出社したくないな」と思うようなハードワークや、収入面での大変さを感じることもありました。転機になったのは、前職の株式会社マネーフォワード時代です。「自分の強みを活かす」という社風が根ざしており、これまでの自分を振り返り、ビジネスの進め方を考える良いチャンスになりました。

前職では士業向けのチャネルに在籍し、税理士・社労士事務所に対して会計ソフトの導入を促進する新規開拓営業を担当しました。一方で、社内向けに中途入社の営業社員に向けた“セールスイネーブルメント”という領域も任せてもらっていました。これは、体系化や言語化を通じて、営業全員が「売れ続ける人材になる」ことを、“仕組み化”するのがミッションです。そこで教材の制作や、効果の良いタイミングでロープレができる体制の構築などを行い、全体が安定して成績を伸ばすことに寄与できました。私自身が突き抜けた才能に頼るのではなく、コツコツと積み重ねるタイプなので「結果を出せる方程式を共有し、組織全体を盛り上げる」ことで結果を出しやりがいを覚えると同時に、そこが“自分の強みだ”という実感につながりました。

会社員時代と並行し、企業の求人をサポートする副業をスタート。大手企業が競合になるなど厳しい局面もありましたが、以前にお世話になっていた会社の採用業務を任せていただき、ひとつの成功事例を確立できました。その成功事例を柱にして、法人や美容サロンの採用サポートの事業を展開。その副業が軌道に乗り始めたのを見極めてから独立したので、限りなくリスクゼロの状態から起業できたのです。

学生時代から抱いていた野心を、現実に変えていく。

──「起業したい」と思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

学生のころアルバイトをしていた居酒屋の経営方針がユニークで、社長が毎月社員の面談を行ない、バイトスタッフも「希望があれば、個別相談に応じる」というスタンスでした。私は毎回応募し、色々なお話をしたり考え方を伺ったりするなかで「経営者って、格好いいな」と思うようになっていきました。それを社長に伝えると、経営者団体の集まりに連れて行ってくれるようになり、数多くの魅力的な中小企業の経営者にお会いすることができました。その経験が「社長になりたい」と思うようになったきっかけです。ただ、「いきなり起業するのはハードルが高すぎる」「大変そう」というイメージもあったので、まずは会社員として社会のことを勉強しようと考えました。

起業に対する考え方が大きく変わったのは、会社員時代から通っている起業家スクールでの学びからです。「元手をかけずに、ノーリスクで始める」「副業からスタートし、失敗しても再起を図れるようにする」「売上ができたものから、事業化していく」といったことを教わりました。そのおかげで、セーフティーゾーンに居ながらチャレンジできる道があることを知り、「借り入れゼロ」「初月から黒字」といった状態で起業することができたのです。

独立のタイミングも安定を優先しました。会社員時代は個人事業主として運営し、副業の収入が本業を超えてきたころから、法人化に向けてマニュアル作成や業務委託スタッフの増員を推進。基盤を固め「あとは、拡大を目指すだけのフェーズ」になってから法人化へと舵を切り、独立へと踏み切りました。学生時代から虎視眈々と社長になることを目指し、人並み以上に野心はある方だと思いますが、その方法に関しては確実性の高さを重視しましたね。

クライアントのニーズに寄り添うビジネスを展開。

──会社の強みについて教えてください。

美容サロンの求人媒体運用代行サービスの『採用ブースター』というサービスを展開し、すでに200店舗を超える導入実績があります。この業界でのRPO(採用アウトソーシング)は、競合がほぼ皆無のブルーオーシャンが広がっています。理由としては、一般企業と比較して美容業界の場合は採用にかけられるコストは低いこと、また、薄利多売になってしまうため、ビジネスとしての拡大の難易度が高いことがあげられます。美容業界の採用業務フローを社内で細分化し分業化することで、一般的に提供されている採用業務代行サービスを美容業界においても低単価で提供できるようにしています。今までセールスイネーブルメント担当者として、営業人材の育成を行ってきたノウハウがあったからこそ、実現できたと思っています。
人手不足が常態化し、一番苦労されている「応募を集めるところ」までを当社が担当し、面接などの日程調整以降はお店側で行なっていただきます。美容サロンの多くは、オーナー様がプレイングマネージャーとして現場に出てお客様対応をされていることがほとんどなので、人事や労務というところまで手が回らないのが実情です。5店舗以内の場合は特にその傾向が顕著に現れます。そうなると経営に全リソースを傾けることができず、効果の出る求人原稿の制作や応募者数の把握、スカウトメールといったアクションをするのが難しい状況です。例えば、「求人媒体の新規の登録者に対して、すぐにスカウトメールを送ると返信率が5倍以上に上がる」のですが、激務のオーナー様は物理的に対応が困難です。

そこで私たちが求職者にリーチし、おかげさまで「導入後、応募数が3倍に」「1年ぶりに、応募獲得」と高い評価をいただいています。加えて、当社への美容サロン様からの新規問い合わせ数は毎月30社を超えており、かなりのスピードで弊社に求人のデータが集まっているため、それを存分に活かせる点も強みです。

「起業=ハイリスク」ではなく、安全な方法もあることを伝えたい。

──将来的な目標を教えてください。

今は美容業界の求人のご支援をしていますが、経理や労務といったバックオフィス周りや、集客・採用のためのランディングページの制作など、サービスの幅を広げたいと考えています。経理を例にあげると、「税理士に任せっきりで、数か月後に月次決算の情報が届く」という現状があるのですが、本来はリアルタイムに把握できた方が経営戦略の立案や売上拡大のためのアクションに直結するはずです。そこに、当社が加わることで忙しいオーナー様が経営に集中できるようにしたいと考えています。美容業界で横展開を推進し基盤を固めたのちに、いずれはほかの業界への進出も視野に入れています。

──最後に、若者へのメッセージを一言お願いします。

「自分で事業を始めたいけれど、リスクを考えると一歩踏み出せない」という若い方もいらっしゃると思います。私もそうだったのですが、「順序を守って、地道に積み上げていけば無理せずに独立できる」ということをお伝えしたいです。そして経営者になれば、何事も自ら意思決定を下せます。勤務時間や休日、給料や福利厚生も自分次第です。もちろん自由の反面、自己責任も求められますが、私個人としては起業してからの方が圧倒的に幸せです。独立を希望されているなら、ぜひチャレンジしてみていただきたいです。

株式会社Argon

設立 2024年1月
資本金 非公開
売上高 非公開
従業員数 12名(業務委託を含む)
事業内容 美容業界特化型の求人支援サービス
採用コンサルティング
中小企業向け採用代行サービス
URL
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう