失敗を恐れる方へ経営者の経験から勇気を与えるメディアMiraError

無理に「やりたいこと」を探す必要はない。まずは目の前のことを一生懸命やってみよう

2022/03/30

Profile

塩野 達也

株式会社SalesX  代表取締役社長

リクルートに入社後、最初の1年はなかなか良い成績を出せなかった時に、上司の一言で、自身の生き方や働き方を見つめ直す。その後、リクルートで成果を出しながら、ダブルワークとして株式会社SalesXの創業も行う。

同社はホリゾンタルSaaS企業への営業のコンサルティングや販路拡大の提案、SMB(中堅・中小企業)に対してDX相談ドットコムを展開し、社内の業務効率化の支援を行う。

リクルート時代になかなか成果が出せなかった辛い時期に、上司の一言で仕事に対する考えが変わり、一気に大きな成果を出すことができた秘訣や教訓を伺った。

人々がより良い暮らしをしていけるDXな社会を作る

—— 事業内容を教えてください。

弊社のビジョンは「ネットワークとデータ活用で、DXにおける社会インフラになる」をテーマとして活動しています。

具体的な活動としては、2つあります。

まず1つ目は、ホリゾンタルSaaS(「業種に関係なく、特定の業務に使われるSaaS」)企業への営業のコンサルティングやプロダクトの拡販を支援していくこと。

2つ目はSMB(中堅・中小企業)の企業様に寄り添った形で、「DX相談ドットコム」というサービスを展開しております。DX相談ドットコムでは、クライアント企業の社内業務効率化・生産性を改善の支援をさせて頂いております。

起業家は、自分の知らないことにも意思決定をしなくてはいけない

—— 起業してからの大変だったことを教えてください

リクルート在籍中に起業したので、1年弱くらいダブルワークを行っており、かなり忙しい日々でした。創業してからは、

毎週が「これまでの社会人経験で一番辛いのでは??」と思うことだらけです。

また自分がこれまでやったことがないものに対して意思決定しないといけないし、知らないことに合理的な判断をしなくてはならない。本当にこれが正解かわからないまま突き進まないといけないことは大変ですね。

リクルート時代も答えのない業務を一定行なっていたものの、ある程度の答えはありましたし、自分よりもその分野に長けている社員がかなり多かったので、その方々に聞いたらすぐ終わる業務がほとんどでした。しかし、今は自分以外にできる人がいません。ですので、色んな情報を集めて取捨選択して意思決定することが大変です。不安と葛藤の中を突き進むしかないですね。

「カッコ悪い生き方」が許せなかった

—— その中でも一番辛かったことは何でしたか?

起業した後はあまり心が折れたことがないので、リクルート時代の話になってしまいますが、入社当時は辛い時期が続きました。リクルートに入社して3年弱が経ち、メンバーのマネジメントからグループ戦略立案、KPI(中間指標)作成を行ったりしてました。

入社して最初の1年は全然成果がでませんでした。在籍していた部署に80人くらいのメンバーがいましたが、その中でも僕が一番成果を出せていなかったと思います。

目標の数値・KPIがほぼ未達で辞めたいと思う時期もありましたね。リクルートは多様な働き方を推進していたので、本業でうまくいかないのであれば、副業で成果を出せばいいと思って、リクルートの仕事にフォーカスせず、副業に逃げていた時期もありました。

それから1年くらい経ったとき、当時の上司に「お前の生き方はカッコ悪いな」と言われたことがありました。そのとき、「カッコ悪い」と言われたくないと思いまして、その後、自分にとってのかっこいい生き様ってなんだろうと考えました。

そこで、目の前のことを常にがむしゃらに頑張って、常に成果を出している人ってすごくカッコイイと思ったんですよね。それがどんなフィールドで戦っているかは関係ない、地方の職人さんなどがいい例なのですが、自分の信じたものや自分がこだわっているものを一生懸命やっていることがとてもカッコイイと感じました。

そして、先ほどの上司からの「カッコ悪い」の一言で、自分はなぜリクルートに入ったのか?自分ってどう生きたいのか?色々考えました。

その際に、今のリクルートに対する働き方や姿勢は果たしてかっこいいのかと自問自答し、率直にこのままじゃ良くないと思いました。その後、副業などの外に向いたベクトルをすべて止めて、リクルートの仕事に向き直し、そこから3年間頑張りました。

業務に向き合ってからは、ずっと成果も出ていましたし、順当に役割も与えられるようになりました。

大きな成果を出すには、自分だけの力では不可能。いかに人を巻き込めるか

—— 成果を出すために工夫したことを教えてください

人を巻き込むことです何か問題が起きたとしても、自分の中で自問自答せず、「自分は何者でもなく、できないものである」と定義付けをして、周りのよりできる人間に学びました。後輩にすら聞きましたね。できる人には先輩後輩関係なく教えてもらいましたし、色んな人に聞いて巻き込んで業務支援をしてもらって、結果を出すことができたと思ってます。

その経験から学んだことは、「人を巻き込んだもの勝ち」ということです。TTP(徹底的にパクる)じゃないですが、周りのできている人の真似をして自分の中に落とし込み、いち早く基礎を固めることが重要ですね。

経営になると、より人を巻き込むことが大事になってきます。どのレイヤーでも、人を巻き込む力がない人は成果が出ません。1人の人間・自分だけの能力だと、知識も経験も限られている範囲内の成果しか生み出すことはできないと考えてます。

人からの発言やフィードバックなど、自分では見えていない観点から気づきが得られると考えているので、人を巻き込んで色んな人から学習していかないと成長速度は上がっていかないと今でも思っています。

——求める人材を教えてください。

「運のいい人間」です。それを3つの要素に分けて解説すると、

1つ目が「前向きさ」です。どんなにしんどい状況でも常に未来を見据えて明るく、周りを巻き込みながら生きていくことができることです。これは根本的な所でもあり、先天的な性格でもあります。

2つ目は「ひたむきさ」です。決めた目標に対して努力を厭わずにやり続けられること。

3つ目は「人たらしさ」です。他者の可能性に期待し、人のパフォーマンスは絶対上がるという信念を持ち、組織や人と頑張っていくことでの総和が広い人です。要するに人が好きな人ですね。

逆に弊社に向いていない方の特徴は、個人主義で成果を達成することや、個人で決めた目標を達成することに人生の幸福度を占めている人、重きを置いている人です。

チームや組織のパフォーマンスを最大化させ、組織で成果を出していく方が社会を大きく変えていくことができます。組織に軸を置いた人間と働いた方が、より高く飛べるという考えです。僕は、人の可能性を信じていたり、人が好きな人間を「人たらし」という言い方をしています。

やりたいことなんてなくていい。まずは目の前のことに全力で取り組め

—— なかなか一歩を踏み出せない若者へメッセージをお願いします。

弊社のインターン生などには、「やりたいことなんかなくていい」と言っています。日本の若い人達は、やりたいことがなければはならないと、世間からの価値観や脅迫観念を植え付けられています。

しかし、社会経験が少なければ、そもそも比較することもできないし、感度もありません。むしろ、やりたいことを明確にしている人は全人口の0.01%いるかいないか位じゃないでしょうか?その中に僕も含まれているのかもしれませんが、僕ですら、まだ迷いはあります。

ですので、「やりたいことはなくていい」。チャンスは目の前に平等に来ると思っています。なので「とにかく動け」と言いたいです。

よく「起業するために準備しておくべきことはなんですか?」とよく聞かれますが、膨大にあるので、すべて準備してからなんて無理です。だったらまず行動、と言いたいです。

これって初めて自転車に乗る人が、自転車の構造や乗り方を聞いて準備している状態と似ているんです。自転車に乗る時って、「まず一回自転車跨って漕いでみな」ってみんな言うはずですよね。

一回やってみて、わからないまま突き進みながら学習する人間が、今後成果を出す人間なんじゃないでしょうか?やりたいことはなくていいから、目の前のことを一生懸命やりながら学習していけば良いと考えています。

株式会社SalesX (SalesX, inc.)

設立 2020年10月28日
資本金 ¥5,000,000
売上高 不明
従業員数 100名以上
事業内容 ・営業コンサルティング ・DX相談ドットコム運営 ・大手企業新規事業支援
URL https://salesx.co.jp/
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう